パーキンソン病による受給事例

パーキンソン病による受給事例

Hさんはある日突然に指先が切れたような感覚に陥りパーキンソン病を発病しました。

最初はパーキンソン病とわからず、整形外科に通っていましたが
神経内科に転院をするようになり、パーキンソン病と発覚したため
初期症状の関連性などを精査しつつ、医師へのコメント文などを作成し、
最初の整形外科で初診日証明を取得致しました。

パーキンソン病特有のウェアリングオフが度々起こっていたため
Hさんの日常生活に大きな支障があったことなどを
医師に診断書に記載をしっかりしてもらうようにしました。

結果として、無事に障害厚生年金3級を受給致しました。