腎疾患・人工透析

自覚症状があまりないまま人工透析となり、一般就労しながら年間230万円を受給

50代男性 上田市 病名:慢性腎不全 結果:障害厚生2級(事後重症) 受給額:約230万 <依頼者の状況> 人間ドッグで異常を指摘され、自覚症状は疲れやすさ程度でしたが、腎臓の検査数値が重症で、人工透析となった方でした。 昭和50年代からずっと同じ会社でお勤めをされ、厚生年金の加入は400月を超えており、人工透析を受けながらもお仕事を続けていらっしゃいました。 インターネットで制度を
続きを読む >>

人工透析による受給事例

人工透析による受給事例 Kさんは糖尿病にかかり、人工透析を行っていました。 障害年金の受給を望んでいたが、初診日がわからず、申請が困難でした。 色々と問合せを行った結果、当時勤めていた会社に健康診断の記録が残っており そこから初診日を特定、そして障害年金の申請に至りました。 結果として障害厚生年金2級を受給することができ 約200万円支給されました。 今回のケースのように 症状が長
続きを読む >>