発達障害

発達障害で、20歳時に申請を出したら「不支給」になり相談。無事に受給できた例

20代男性 長野市 病名:広汎性発達障害 結果:障害基礎2級(認定日) <依頼者の状況> 幼い頃からの発達障害で、特別学級から就労支援施設に就職した方でした。ご両親が付き添って日常生活を送っていましたが、ご自身で整えた書類で申請した障害年金が不支給となり、将来を案じたご両親が相談に見えました。 「同じような症状の知り合いのお子さんは年金を受けているのに、なぜうちの子どもは受けられないのか
続きを読む >>