その他

10年前に人工肛門の手術を行って以降通院がなかったが、障害年金3級を受給できた例

40代男性 辰野町 病名:潰瘍性大腸炎 結果:障害厚生3級(認定日) 受給額:約55万 <依頼者の状況> 重度の潰瘍性大腸炎を患い、人工肛門の手術を受けて以降、経過が順調で10年間通院がなく、診断書の取得が心配な方でした。 お仕事も普通に通っていらっしゃいました。 私たちのポスティングのチラシを見て、初めて制度をお知りになって相談に見えました。 <受任から申請まで> 10年以上前
続きを読む >>

人工関節による受給事例

人工関節による受給事例 Sさんは左脛骨悪性骨腫瘍にかかり、人工関節を装着していました。 人工関節の装着に伴い、歩行に支障が生じ、日常生活の障害となっていました。 最初はご自分で障害年金の申請をしていましたが、認められず 社労士事務所に相談をするに至りました。 人工関節を装着している場合は障害基礎年金2級に該当し、 症状の具合によってはより上位等級を受給できるようになります。 社労士事
続きを読む >>