うつ病

「うつ病」で何度も通院する病院を変えていて継続受診がなかったが、約78万円受給できた例

50代男性 辰野市 病名:うつ病 結果:障害厚生3級(事後重症) 受給額:年間約78万円 <依頼者の状況> 気分の落ち込みが激しく、自営業の仕事ができずに悩まれている方でした。 病院への通院は何度もありましたが、全て単発受診で、継続した通院がありませんでした。会社の代表者さんをやっていた関係で、常に気を張っていて、仕事ができないと思われてはいけないと思い、通院時も具合が悪い素振りをでき
続きを読む >>

「双極性障害」で20年以上前の初診日を証明し、2級の厚生年金を受給できた例

30代男性 富士見町 病名:双極性障害 結果:障害厚生2級(事後重症) <依頼者の状況> 気力が低下すると、落ち込みが激しく仕事ができなくなり、気分が高揚すると、会社の方とトラブルになってしまい、退職を繰り返されている方でした。 精神的に安定する期間が少ないため、普通に就労はできない状態でしたが、お子様を養うために無理をして就労することがあり、社会保険加入期間が短期間で何度もありました。
続きを読む >>

「うつ病」で10年以上前の初診日を証明してもらい、年間約109万円受給できた事例

30代女性 茅野市 病名:うつ病 結果:障害厚生2級(事後重症) 受給額:年間約109万円 <依頼者の状況> 気分の落ち込みが激しく、日常生活に支障のある方でした。 病院に通い始めた日付が不明で、10年以上前色々な病院に少しずつ通ったことがあったということでした。思い出して頂くと、色々なエピソードが出て来て、自身でも時系列については混乱されている様子でした。 <受任から申請まで>
続きを読む >>

お仕事をしながらでも「双極性障害」で3級の年金が決まった事例

30代女性 茅野市 病名:双極性障害 結果:障害基礎3級(事後重症) <依頼者の状況> 「精神の病気で仕事に通える状態ではない日も多いけれど、収入のために無理をして仕事をしている」というご相談で無料相談に来所されました。「無理をしてでも「働ける」状態での精神障害は、障害年金が決まりにくい」ということをインターネットで調べて来たとのことで「専門家に任せたい」と初めから決めていらしたため、受任
続きを読む >>

年金事務所では「精神病」と言われたが「肢体の病気」として「神経障害」で受給できた事例

40代男性 上田市 病名:アルコール性神経障害 結果:障害基礎2級(事後重症) <依頼者の状況> 足が自分の意図しない方向に動いてしまう症状にお悩みでした。最初の状況は、急に倒れて運ばれたということでした。病院では「アルコール性神経障害」という病名がついており、アルコール中毒者を思わせるような病名でしたが、アル中になるような飲酒はしておらず病名にも納得がいっていませんでした。精密検査を
続きを読む >>

精神疾患による受給事例

Hさんの母は、長年つづけてきたパートと家庭の両方で、常に働きまわっていたそうです。10年前から、感情の起伏が激しくなったり、衝動的な行動が増え、とうとう家族以外の人と話すことにも度々恐怖心を見せるようになり、Hさんが精神病院へ連れて行き、通うことになりました。精神病院では情緒不安定性人格障害と診断されました。診断書をもらうにしても、 症状の起伏が激しいために症状が見えづらく、担当の医者も苦労したよ
続きを読む >>