人工関節で24年前の手術日を特定し、無事に受給できた例

50代男性 岡谷市

病名:大腿骨頭壊死症

結果:障害厚生3級(認定日)

受給額:約311万(遡及有)

<依頼者の状況>

24年間人工関節で過ごされている方でした。手術当時、人工関節で補償がないか探したことがあったにも関わらず、障害年金と巡り合えずに時が経ってしまい、手術をしてくれた病院にカルテが残っているかも定かではないということでした。

<受任から申請まで>

手術後のご様子も良好とはいえず、24年前の診断書が取得できれば3級以上の級も望めるということで、認定日のお医者様に依頼をしました。

初めて受診をした別の病院には、すでにカルテが無く、受診状況等証明書は添付できない申立書となり、証拠となる有力な書類もありませんでしたが、認定日の診断書が取得でき、初診の病院を証明して下さいました。

残念ながら当時の測定結果などは残っておらず、3級以上の級が望める情報はなかったのですが、厚生年金中の初診日を証明できたことが大きかったように思います。

<結果>

障害年金3級が遡って決定し、約311万円を受給することができました。

時効で受給できなかった年金があり、約1000万円が受給できなかったと思うと、悔しいとおっしゃっておりました。

もっと早く申請できることが分かっていればよかったというお話があり、周知の活動の大切さを実感致しました。

受給事例の最新記事

肢体の障害の最新記事