発達障害で、20歳時に申請を出したら「不支給」になり相談。無事に受給できた例

20代男性 長野市

病名:広汎性発達障害

結果:障害基礎2級(認定日)

<依頼者の状況>

幼い頃からの発達障害で、特別学級から就労支援施設に就職した方でした。ご両親が付き添って日常生活を送っていましたが、ご自身で整えた書類で申請した障害年金が不支給となり、将来を案じたご両親が相談に見えました。

「同じような症状の知り合いのお子さんは年金を受けているのに、なぜうちの子どもは受けられないのか」とおっしゃっていました。

<受任から申請まで>

症状をお聞きする限りは障害年金に該当しても良いと思われるご様子でしたが、不支給となった原因を考えたところ、発達障害のお子さんを基準として、日常生活能力の「できる」「できない」をお母様がお医者様に伝えていたことが分かりました。

例えば、お食事の準備は、お母様が行っていましたが、何度も教えて、お米を洗うことと、電子レンジのスイッチを入れることができるようになったため、適切な食事の準備は「できる」と伝えた、ということでした。

「今まで子供のできないことをアピールする機会などなかった」ということで、診断書の作り直しが有効であると判断し、お医者様に事情を説明し、依頼を致しました。

<結果>

お医者様に症状も伝わり、診断書を再作成頂けたことも幸いし、基礎年金の2級が決定しました。決定が20歳以降遅れたことで、納付が法定免除となる手続きが行えず、国民年金の督促も届いており、ご両親は決定までずっと不安がっておりましたが、無事年金を受給できたことで、とても安心していらっしゃいました

受給事例の最新記事