「うつ病」で何度も通院する病院を変えていて継続受診がなかったが、約78万円受給できた例

50代男性 辰野市

病名:うつ病

結果:障害厚生3級(事後重症)

受給額:年間約78万円

<依頼者の状況>

気分の落ち込みが激しく、自営業の仕事ができずに悩まれている方でした。

病院への通院は何度もありましたが、全て単発受診で、継続した通院がありませんでした。会社の代表者さんをやっていた関係で、常に気を張っていて、仕事ができないと思われてはいけないと思い、通院時も具合が悪い素振りをできる限り見せないようにしていたという経緯があり、お医者様にも病状が伝わっていなかったようでした。

<受任から申請まで>

希死念慮も強く、お聞きした病状は重度でしたが、今まで医師にも症状を伝えきれていなかったということで、診断書を作成して下さるお医者様がおらず、病院を変更しました。

継続受診はなくとも、病状が継続していたことを証明することに注力しました。

<結果>

厚生年金の3級が決定しました。ご家族もいらしたので「生活を支えなければ」という焦りで、治療に専念できずに悪循環だった過去を断ち切ることができたようです。

年金と、奥様のパートで家族の生活を賄うことができそうなので、治療に専念したいとおっしゃっていました。

うつ病の最新記事

受給事例の最新記事