高次脳機能障害による受給事例

50代男性 長野市

病名:高次脳機能障害

結果:障害厚生3級(認定日)

<依頼者の状況>

交通事故を起こし、骨折などは治ったが、脳に障害が残ってしまい、以前よりも記憶力がなくなり、発病前と同じようには振る舞えなくなってしまったとのことで、ホームページで弊社を見つけて相談に来て下さいました。

<受任から申請まで>

最初に運ばれた病院が外科であり、初診日の病名は「骨折」であったため、脳の障害につながらず、書類を整えることに苦労しました。病院に確認し「脳損傷」「せん妄」なども認められたという回答が得られたため、書類に記載頂くよう依頼しました。

申請提出時は、リハビリを経て、職場復帰されていたため、どのような受け入れ態勢なのかを確認し、仕事に支障がある障害が残っているのかを中心にヒアリングをしました。

<結果>

厚生年金の3級が決定し、50歳まで同じ会社にずっと勤めていらしたこともあり、ご自身のかけた年金が高額であったため、年間90万円を超える年金が受給できるようになりました。

受給事例の最新記事

脳疾患・心疾患の最新記事