網膜色素変性症による受給事例

網膜色素変性症による受給事例

ご本人の父親からお電話を頂きました。
息子さまが小さい頃から眼が見えにくく、高校生のときに網膜色素変性症を診断され
現在は障害年金を受給できる20歳になられているとのことでした。

未成年のときに発症をしていたため、出生時から高校生、そして現在に至るまでの
症状の経緯を確認し、必要書類に情報を盛り込んでいきました。

結果として、無事に障害年金2級を受給することができ、
230万円が支給されました。

受給事例の最新記事

網膜色素変性症の最新記事